Blog of Shinji Miura

再投稿は遅れるだろう

久しぶりにこのブログに来た。

今春から自分の学習塾を開くことに決めた。開業準備がとても忙しく、研究活動に時間を割いている余裕がない。

生徒の募集はこれから。生徒が思うように入らなければ、塾の開業時間以外にアルバイトをしなければならないから、ますます時間的余裕がなくなる。いつ再投稿が実現するかはわからない。

私には再投稿を急ぐべき理由はない。急ぐべきは、自分の生計を成り立たせることだ。そのために、自塾の経営こそ第一に優先しなければならないことだ。

だが、私の若い人生を奪った過去の研究活動のことは、今も脳裏から離れない。必ず戻ってくる。
  1. 2019/04/01(Mon) 08:24:16|
  2. Research
  3. | Trackbacks:0
  4. | Comments:0

謹賀新年

少し遅れましたが、新年あけましておめでとうございます。

先月予告した通り、今年の後半に保蔵損失論文の再投稿を行うことを予定しています。しかし実のところ、私はここ二年の間、経済学のみならず学問一般から遠ざかっています。私はまず、研究者としての感覚を思い出す必要があります。その目的もあって、今年の前半は、過去の自分の論文を紹介するホームページを日本語と英語の二言語で制作するつもりです。そのホームページでは、論文の概要と修正点に加えて、零れ話をしたいと考えています。

もっとも、今の私は研究に専心できる環境にはありません。再投稿に先立って、自分の生活のために自分の学習塾を立ち上げるつもりです。日常生活が成り立って初めて、研究活動も成り立ちます。なので、日常生活の確立をまずは優先して進めます。そのために研究に付随する活動は後回しにせざるを得なくなるかもしれませんが、よろしくお願いします。
  1. 2019/01/07(Mon) 16:43:10|
  2. Greeting
  3. | Trackbacks:0
  4. | Comments:0

New Year's Greeting

A Happy New Year, though a little late.

As I announced last month, I plan to resubmit the hoarding loss paper in the second half of this year. But in fact, I have been away from not only economics but also all of learning for these two years. First of all, I need to recall a sense as a researcher. For this purpose, in the first half of this year, I intend to produce sites which introduce my papers in both Japanese and English. In these sites, besides abstracts and correction of the papers, I want to write their tidbits.

However, I do not live in an environment where I can concentrate on research. Before the resubmission, I am going to set up my own cram school for my life. Activity of a researcher cannot exist without his daily life. So I prioritize the establishment of my daily life. For the reason, I may be forced to postpone the activities which relate to researches, but kind regards.

  1. 2019/01/07(Mon) 16:42:01|
  2. Greeting
  3. | Trackbacks:0
  4. | Comments:0

Toward Resubmission of the Hoarding Loss Paper

This article is also written in Japanese.
(Japanese Version:http://geppaonline.blog.fc2.com/blog-entry-26.html)

If there are any differences between a Japanese version and an English version, the Japanese version conveys right contents.


Three months have passed since I published "Welfare Economic Foundation of Hoarding Loss by Money Circulation Optimization" as a working paper of MPRA. Initially, I intended to say good-bye to my research life once and for all. By forgetting the past research, I planned to open a new path of my life. (For the details, see the post "Circumstances of a Hoarding Loss Paper" written three months ago.)

However, my recent experience in real life has made me realize again that my life is irreparable anymore. My white hair become conspicuous, and I feel that I am old. As I feel painfully that I cannot recover my young time, I cannot forget the past researches more and more. I regret my irremediable past, and I keep on being in anguish.

The reason why I cannot forget the past research is that I have never heard any positive or negative evaluation on it. In the submission of that paper to the Journal of Monetary Economics, the editors did not have any concrete reference to its contents despite of having more than two years from the submission to the rejection.

Eventually, they cannot make a rational counterargument to me. There is no error in my research! Due to the strange response by JME, I have convinced it further more.

However, there is a man who does not want to approve me. There is a man who wants to bury my research result. If I retired from the research activities like this, many professors of economics will continue to teach a theorem whose mistake I have already found. I never forgive that they gain high salary by escaping from me. I will not let them sleep peacefully. Tell me directly where I am wrong!

I have decided to resubmit the paper after all.

Yet, I will not resubmit right away. I am still a part-time worker. The reason I continued to live like this is because I aimed to become a faculty member. So I got frustrated. But I spent more than two years only for the submission to JME. Even if I resubmit it, I do not know how long it will take for the publication to be realized. I must make up my mind that long time will be needed. If I resubmit soon, I will be dragged by it and continue my conventional life.

I cannot get my bread and butter by research of economics. I cannot rely on Japanese universities. I have to face the fight while preparing for these facts. Next year, I will set up my own cram school and bid farewell to my conventional life. I will abondan my feeling which hopes my success in life and resubmit the paper only for the purpose of letting people accept the truth. Therefore, the resubmission will be after the summer of next year, in which I will finish the change of my life.

The most essential conclusion of this hoarding loss paper is that, as a result of selfish agents acting while they aim to raise their utility without concerning their other's situation, loss of the whole society is brought. Economists around the world teach the first fundamental theorem of welfare economics, which insists that the whole economic society become efficient by a result of behaviors of selfish individuals, as if it is a universal truth. This theorem is further popularized, and a statement that a society develops through people's competition based on selfishness is spread. Yet, it is wrong. It is because a framework which derives the theorem based on the general equilibrium theory does not suitablely reflect our real economy.

By behaving selfishly, people lower their utility each other, and as a result their society declines than its possible level. My hoarding loss paper clarifies that this is indeed a reality of our economy. To make people recognize this truth is a mission imposed on me.

However, I also notice it is also a reality of the econimics community through my experience so far.

Economists are also selfish beings. They want to gain wealth and fame, they want to avoid troublesomeness, and they do not want to do what makes me tired... Such selfish actions make them look away from the truths and bring loss of the whole economics society. I am also a selfish being. When I understood it, I was too shocked by my discovery. If so, it is natural that my research is buried. This is a result of the truth I found!

Because I noticed it, I tried to bid farewell to the economics community. However, I cannot walk another path. After all, I have felt that to keep telling the truth I found is my mission.

Through my theory and through my experience, I really understand that it is paradoxical and difficult to make economists accept this reality. However, it is my fate to live like this...
  1. 2018/12/01(Sat) 08:05:29|
  2. Research
  3. | Trackbacks:0
  4. | Comments:0

保蔵損失論文の再投稿に向けて

この記事は英語でも書かれている。
(英語版:http://geppaonline.blog.fc2.com/blog-entry-27.html

日本語版と英語版の内容に齟齬がある場合、日本語版が正しい内容を伝えている。


"Welfare Economic Foundation of Hoarding Loss by Money Circulation Optimization"をMPRAのワーキングペーペーとして出版してから、三か月の時が経った。私は当初、これをもって研究生活に別れを告げるつもりだった。かつての研究を忘れることによって、新たな人生の道を切り開いていくつもりだった。(詳細については、三か月前の記事「保蔵損失論文の経緯」を参照)

だが、実生活における最近の体験は、自分の人生がもはや取返しのつかないものであることを再認識させてくれた。白髪も目立ってきて、自分が年を取っているのだと感じるようになった。若い時間を私は取り戻すことができないということを痛切に感じるにつけて、ますます過去の研究が忘れられなくなってしまった。取り戻せない過去が悔しくてならず、苦悶を続けてしまう。

私が過去の研究を忘れられない理由は、それに対する如何なる肯定的な評価も否定的な評価も私は聞かされていないからだ。あの論文のJournal of Monetary Economicsへの投稿において、リジェクトまで2年以上の月日を費やしたにもかかわらず、編集者は論文内容に対する一切の具体的な言及をしなかった。

つまり、私に合理的な反論などできないということだ。私の研究に間違いなどないのだ!JMEの奇妙な対応によって、私はいよいよそれを確信するに至った。

しかし、私を認めたくない人間がいる。私の研究結果を葬り去りたい人間がいる。私がこのまま研究から退けば、多くの経済学者は私が既に間違っていることを見出した定理を教え続けるであろう。私から逃げて彼らが高給を貪ることを、私は許さない。彼らに安眠などさせない。俺のどこが間違っているのか、俺に直接言ってみろ!

私は、やはり論文を再投稿することにした。

但し、すぐには再投稿をしない。私は今もまだアルバイト生活だ。私がそのような生活を続けていた理由は、大学教員の職を得ることを目指していたからだ。だから、焦る気持ちがあった。しかし、JMEへの投稿だけで2年以上の月日を費やした。再投稿しても、掲載の実現まであと何年かかるかわからない。長期化することを覚悟しなければならない。すぐに再投稿してしまえば、それに引きずられて今までの生活をだらだらと続けてしまうだろう。

経済学研究を生活の糧にはできない。日本の大学を頼りにはできない。そのことを覚悟した上で、闘いに臨まなければならない。私は来年には自分の学習塾を構えて、今までの生活と決別するつもりだ。出世に焦る気持ちを捨てて、人々に真理を認めさせることだけを目的に、じっくり腰を据えて再投稿に臨む。それ故、再投稿は生活の転換を一段落させた来年の夏以降になるだろう。

この保蔵損失論文の最も本質的な結論は、利己的な人間が他者の状況など気にせずに自己の効用を高めようと行動する結果として、社会全体に損失がもたらされるということだった。世界中の経済学者たちは、厚生経済学の第一基本定理―利己的個人の行動の結果として、経済社会全体が効率的になるという定理―を、あたかも普遍的真理であるかのように教えている。この定理が更に俗化されて、人々が利己心に基づいて競争することで社会が発展するという言説が社会にばら撒かれている。だが、それは間違っている。一般均衡理論に基づいたこの定理を導く枠組みが、現実経済を適切に反映したものではないからだ。

人々は利己的に行動することによって、互いの効用を低め合い、その結果として彼らの社会は可能な水準よりも下落しているのだ。私の保蔵損失論文は、これこそが我々の経済の真実であることを明らかにしている。この真理を人々に認識させることは、私に課せられた使命なのだ。

しかしながら私は、それが我々の経済学社会の真実であることに気づいた。

経済学者も利己的な人間だ。富や名声を得たい、面倒なことを避けたい、疲れることをしたくない…このような利己的行動が、真理から目を背けさせ、経済学社会全体の損失をもたらしている。そのことを理解したとき、私は自分の発見に愕然とした。そうであれば、私の研究が埋没するのは当たり前なのだ…それが、自分の見出した真理の帰結なのだ!

そのことに気づいたからこそ、私は経済学社会に別れを告げようとした。だが、私には既に別の道など閉ざされていた。やはり、自分が見出した真理を語り続けることは、私の使命なのだと感じるようになった。

自分の理論を通じても自分の体験を通じても、経済学者たちにこの現実を認めさせることが逆説的で困難であることを、私はよく理解している。だが、こう生きることが私の運命なのだ…
  1. 2018/12/01(Sat) 08:05:14|
  2. Research
  3. | Trackbacks:0
  4. | Comments:0
Next page

Profile

Shinji

Author:Shinji
In Gifu, Japan.

Category

Greeting (2)
Research (14)
Love (0)

Monthly archive

Search form

Latest comments

にほんブログ村

にほんブログ村 経済ブログ 経済学へ にほんブログ村 経済ブログへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 社会思想へ にほんブログ村 哲学・思想ブログへ にほんブログ村 科学ブログ 人文・社会科学へ にほんブログ村 科学ブログへ

押してくださいな

ブログランキング

押してくださいな

Link

add link

Display RSS link.

Latest posts

Thank you